本棚通信URL変更のお知らせ

ご案内がずいぶん遅くなりましたが、本棚通信はつぎのURL先に移動となりました。 引き続き週1ペースで更新を続けておりますので、今後も変わらぬご愛顧をお願いいたします。 http://www.keibunsha-store.com/archives/category/hondana (保田)

京都で寺カフェ

『京都で寺カフェ』(早川茉莉+すみれ図書室 / 大和書房)。本の題名をみて膝を打ちました。ものの見方をスライドさせて、ただしい名前を与える鋭いセンスにです。飽和状態にあるといっていい京都本のジャンルの中でも、「お寺」と「カフェ」は揺るがぬツイ…

熱闘! 日本美術史

年始からこのかた、とんでもなく奇天烈な本を眺めていました。世界の舞台で活躍する美術作家・村上隆さんと、近世絵画に新しい文脈を探った美術史家・辻惟雄さんの共著『熱闘(バトルロイヤル)! 日本美術史』(新潮社)です。 もともとは「芸術新潮」誌上にて…

朝のはじまり

京都生まれ、奈良在住の詩人、西尾勝彦さんが2010年に刊行された作品集『朝のはじまり』(Booklore)。しばらく完売状態だったこちらが、このたび重版となり、当店も再び入荷いたしました。 ガケ書房の山下賢二さんや羊草の森文香さんらが参加し、年一回ひっそ…

理不尽な進化

12月上旬に神保町に出かけた際、東京堂書店の新刊コーナーで目に入ったのが本書『理不尽な進化』であった(上階には特集コーナーもあった)。当店でも取り扱いはあるのだが、並ぶ場所が違うと全く違う本のように思えるから不思議である。鈴木成一デザイン室…

アラン・マンジェル氏のスキゾな冒険

今年私がであって強烈な印象を受けたのが、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の映画作品群。最新作『リアリティのダンス』をはじめ、その日本公開に併せて夏にみなみ会館で企画された『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』『サンタ・サングレ』の3本立て上…

オリーブのお勉強

来週18日(木)、当店コテージにて開催いたします、山崎まどかさん×多屋澄礼さんのトークイベントの予習にと、山崎さんの著書『オリーブ少女ライフ』(河出書房新社)を読みました。平成生まれの私にとって、雑誌「オリーブ」とその年代のおしゃれをとりまく文化…

肝をゆるめる身体作法

先日、紀伊国屋書店が主催する、内田樹さんの講演会へ参加しました。今年4冊目となる単著での新刊『街場の戦争論』(ミシマ社)刊行記念のイベントでしたが、ちょうど衆院解散が決定した時期と重なったこともあり、日本の行く末についてホットで含蓄あるご高見…

『富士日記』(著者:武田百合子)の上巻を読み終えて。

12/17(水)の20時から、当店イベントスペース・コテージにて【コテージの読書会 vol.1】(主宰:ミズモトアキラ氏)が開催される。課題図書は、武田百合子の『富士日記』。日記文学の最高傑作と名高い本書だが、読み手の私は日記文学に触れたこともない超初…

なんたってドーナツ

『なんたってドーナツ』(ちくま文庫)は、編集者/文筆家の早川茉莉さんがドーナツをテーマに、古今の短い読み物を選び出し、書き下ろしをまとめられたアンソロジー。書き物をお仕事とされる方のほか、編集者の三島邦弘さんや丹所千佳さん、イラストレーターの…

朝露通信

小説家、保坂和志さんの新作『朝露通信』。じつに不思議な感触の中編です。書き出しはこう。「たびたびあなたに話してきたことだが僕は鎌倉が好きだ」。ヴィクトル・ユゴーの『ライン河幻想紀行』から引用したものだと作家本人がおっしゃるのを聞きました。…

悪童日記

映画『悪童日記』を劇場で観ました。私は先に原作の翻訳小説(アゴタ・クリストフ著 堀茂樹訳 / 早川書房)を読んでいたので、映像で後追いするかたちになりました。こうすると物語の筋が頭に入っているので、映画の展開が読めずはらはらする楽しみは減ります…

『ひとり料理 これだけあれば』、があれば。

10月初旬に『ひとり料理―これだけあれば―』(京阪神エルマガジン社)が店頭に並んだ時、「あぁ、やっぱり料理しなければならないのか」と感じたのを覚えている。こういう書籍が出版されていることはおそらく単身者の食生活が想像の通り悲惨な状況だからだろ…

いつか来た町

ぼんやりしているときによく、ここではないどこかの場所を考えているときがあります。歩いてすぐ行ける場所であったり、自転車やバスを使って足を伸ばしたり、電車を乗り継いでたどり着く街。長い時間かけて行きつく道。自分が歩いたときのことを思い出した…

幸福と想像力

今回ご紹介するのは、フランスの哲学者/教育者アランの『幸福論』です。本名エミール=オーギュスト・シャルティエ。ナポレオン3世の時代に生まれ、二つの大戦を経て1951年に83歳で天寿を全うしました。46歳のとき志願し第一次大戦に従軍、名門校の教職ポス…

作家の手紙でお手並み拝見

思えば手紙を書くことがありません。小学生中学生のころ、わざわざ投函するほどもない近所の友だちへ年賀状を出したりしていましたが、あれだって印刷された書面のすみにひとこと書きつけるだけでした。手紙をもらったこともありません。だから手紙を読む自…

読書の季節にぴったりの大型評伝

ずしりとした一冊。平積みにしていても、そこだけ重力が異なるような存在感があります。じっさいの分量以上に重厚な雰囲気。タイトルも意味深です。表紙の装画に使われたダーガーの、樹上でほほ笑むヴィヴィアン・ガールズはいったい何を示唆するのでしょう…

ミシマ社さんと2冊の新刊

先日。川端丸太町へオフィスが移ったミシマ社さんで行われた、刊行記念のパーティへお呼ばれしました。このたびの新刊は、『近くて遠いこの身体』(平尾剛著 / ミシマ社)と、『失われた感覚を求めて 地方で出版社をするということ』(三島邦弘著 / 朝日新聞出…

毎夜一話のたのしみ

お彼岸を前にして、朝晩ずいぶんと過ごしやすくなっています。日没の早い気がするためか、就寝時刻まで余裕のある感じがして、とっくり読書へ耽るという方も少なくないのではないでしょうか。騒々しい蝉も秋の虫にかわって、月あかるく空は静まり、いつもよ…

まっとうさ

手にしたとたん、特別だと直感する本があります。自分にとってということでなく、個人の尺で計れない文脈に属しているような感触です。ご紹介する『大坊珈琲店』はそのひとつ。昨年末、38年間の営業にピリオドを打った喫茶店のお話です。 お店じたい、そうい…

役に立たないマナー本

先月、生活館の特集棚では『レイギサホウのすすめ』と題して礼儀作法やマナーに関する書籍を集めてみた(スタッフブログはこちら)。今回はその中でもお遊び感覚で並べてみた2冊をご紹介したい。 1冊は『クマのプーさん エチケット・ブック』。E.H.シェパ…

巷の物語

当店でコンスタントに売れつづけている『心に残る名作コピー』『物語のある広告コピー』をはじめとする「広告コピー」シリーズ。読む人に強いインパクトと心地よい余韻をもたらす優れた作品を紹介していて、最新刊『物語のある広告コピー シリーズ広告編』も…

存在しない場所を訪れる

少しでも時間があると、どこかへ出かけたくなる。先日の台風や大雨で京都は荒れに荒れていたが、ここ数日は打って変わって快晴、というか蒸し焼けるような暑さに参っている。こうも暑いと、京都市という内陸の土地に住む私としては海が恋しくなる。 そんな時…

百年かかる孤独の読書

いつも年の暮れになると私は、年内読みかけだった本を集め、清算する意味で気合いを入れて読書に励みます。と同時に、新年明けてはじめに読む本をどうしようかと心を躍らしながら思案を巡らします。今年の書き初め、ならぬ読み初めに選んだのが、ガルシア=…

便覧に載らない名作

ほのぼのした表紙のイラストに惹かれて手に取った『てんやわんや』(ちくま文庫)。ひっくり返せば昭和を代表するユーモア小説とありますが、私は獅子文六の名前を知りませんでした。著者略歴には本名・岩田豊雄とあり、むしろこちらのほうにピンときたのが不…

ゴジラの記憶

ゴジラを通過せずに子ども時代を過すのは難しい。先月、ゴジラ生誕60周年を記念して、全国の東宝系で初代『ゴジラ』(1954)の上映が行われた。荒ぶるゴジラの姿を大きなスクリーンでぜひとも目撃したいと思い、私もでかけた。 特撮ファンで観客席は埋まってい…

中川ワニさんのジャズ哲学

珈琲焙煎人・中川ワニさんの趣味はCD鑑賞。収集の中心はジャズ、とりわけ現代ジャズに特化している点がおもしろく、めずらしいと思います。そのコレクションから選りすぐりを紹介したのが、そのものずばり『中川ワニ ジャズブック』。 ここ京都の街には新旧…

英米選りすぐりの怪談物語

こう暑くてたまらない季節になるとほしくなるのが、身を凍りつかせるような恐怖話。昔ながらの風物詩というのか、読めば体温が下がるといった実際的な効用は知りませんが、よい物語へ没入すると暑さを忘れるということはあります。老若男女かかわらず強い関…

ゴーリー絵本の描線

今月より当店オンラインショップにてご紹介している「エドワード・ゴーリーとこわい絵本」。河出書房新社より新訳『蟲の神』の刊行と、ゴーリー絵本の全点重版を記念し、またこれらの翻訳を手がけられた柴田元幸さん責任編集による『Monkey vol.3』の特集に…

つながっている紙

本屋で働く端くれとして、本を読んではじめて知って恥ずかしくなることがあります。こんなことを自分は知らなかった、というより、そういうことへ関心を持たなかった自分がです。 たとえば本で使われる紙について。「『文庫っていうのはね、みんな色が違うん…

野武士のように読みたい本

「『ハラが減ったからメシを食うだけ』という、真っ直ぐで単純な、潔い、図太いばかりの食事態度」「インターネットだの、情報誌だの、テレビだので見て、調べて出かけていくなんてことは一切しない。自分が生きてゆく道すがらで、腹が減ったとき、そこにあ…

建築と巡礼

「何でも自分のものにして持って帰ろうとすると難しいものなんだよ。ぼくは見るだけにしてるんだ。そして立ち去るときにはそれを頭の中へしまっておくのさ」とは、ヤンソンがスナフキンにしゃべらせた台詞のひとつ。そのほうが重いカバンを引きずって帰るよ…

坊っちゃんの時代のビール

作家・関川夏央と漫画家・谷口ジローのコンビによって、単行本としては1987年初版が刊行された『「坊っちゃん」の時代』。朝日新聞紙上で『こころ』掲載100年を記念した再連載が行われるなど、相変わらずの人気作家・夏目漱石を主人公とした漫画作品の新装版…

きっぷのよい本

気風とかいて「きっぷ」と読ませる、すでに死語となりつつあるこの言葉を導きとして選ばれた、17名の女傑(この言い回しも死語ですね)の人生を紹介する『女のきっぷ』。与謝野晶子や澤村貞子といった有名どころがあるかと思えば、ラグーザ玉、野村かつ子、林…

有次と庖丁

「兄ちゃん、◯◯て知ってる?」 はじめて入る、こぢんまりした個人営業の居酒屋へ一人、ないし飲み友だちとカウンターに腰かける。席をおいて隣りには先客のおじさんが一人、コップを傾けている。ちらりと目が合って、常連のお客さんなのだろうか。こちらは対…

おじさんの「ぼく」

世の中における「叔父さん」的存在に考えを巡らそう、という意図で書き下ろされたのが本書『おじさんの哲学』です。著者は昭和33年生まれの永江朗氏。本書を上梓する時点で55歳だという彼は、平成生まれの私にとって紛れもなく「おじさん」です。つまり、現…

足摺り水族館

物語を読む喜びは人それぞれ。無心に文字を追いかける快感、ストーリーへ没入し、ひととき我を忘れ再び返るカタルシス…。満足が大きければ、それだけ読者は良い物語を経験した幸福をかみしめます。 私にとって良い読書経験に欠かせない要素の一つが、知らな…

『銀座ウエストのひみつ』のひみつ

銀座ウエストに行ったこともなければ、お菓子を食べたこともない私。そもそも銀座に行ったことがありません。関西のごく狭い圏内で生まれ育った私は、ある種の人たちにとってあこがれの街であるというぼんやりしたイメージしか持ちませんでした。 それが本書…

How to "Whole Earth Catalog"

まっくらの宇宙にほんのり浮かび上がる青白い天体。どこか見おぼえのあるアイコンだと思いめぐり、それをいつも持ち歩いている電話機の壁紙に見いだしたとき、つながったことに気づきました。 たとえば「WEB」。その起源について、社会へ網羅的に張り巡らさ…

新書マイブーム

速水健朗さんの著作を立て続けに読みました。 ふだん新書を手に取ることの少ない私ですが、日々店の棚へ配架する数多いタイトルのなか、惹かれるところがあって購入用に取り分けておいたのがこの二冊。ろくろく著者名も確認しないうち、ざらっと読んだ『1995…

視るポエジー

新しい本を買えば、巻いてある帯をゴミ箱に入れ、カバーを取っ払って、厚い単行本ならばめくりやすくするため開いたページをぎゅうぎゅう押し付ける。中身が読めればそれで良いといったような、ある種テキスト原理主義の読者だった私は、正しく本の愛好家と…

プレイアデスの手稿

当店へは日々、色々の性格の書物たちが持ち込まれます。 燐光を纏うように美しいもの、古い時の匂いをページにたたんだもの、あっと驚く変わった風貌のもの。つい先ごろもまた、季節のほころびを知らせる南風に運ばれて、謎めいたノートの切れはしが表扉のす…

だから、北欧が好き

『だから、北欧が好き』著者:ヤマナリサチエ 旅行好きのお母さんを亡くされたことがきっかけで、折に触れて北欧のすばらしさを語り聞かされていたことから、フィンランド行きを決心したという著者のヤマナリサチエさん。寄り道ありの気ままな旅で、これまで…

みちこさんが気づかせてくれる

『みちこさん 英語をやりなおす』益田ミリ著 / ミシマ社 主人公は、夫と娘と三人暮らしの四十歳主婦・みちこさん。友人の弟が英語に堪能ということで、英会話の家庭教師についてもらうことになります。(教師の彼は出版社勤務の編集者で、英会話の本を作る準…

京職人の経緯

京都へ住んで五年と半年になります。いろいろな知らない場所を探検しました。 なかでも心引かれるのが、千本今出川を中心に半径一kmくらいの円を引いた内側のエリア。何があるというわけでもない、ごちゃごちゃ細かい路地の入り組んだ住宅街です。 いわゆる…

「うれしくて幸せ」

「スポーツ選手が試合前に練習・調整をするように、私も、何日も前から身体を鍛えあるいは策を練り、いい本を安くたくさん買えるようになにものかに祈るといったような、神経をすり減らすきわめて厳しいものなのだ」(本書7-8p)こちらは本書『定本 古本泣き笑…

ことばと遊ぶ本

当店オンラインショップにて新展開の「ことばの本」。 読み物として楽しめる辞典や、風変わりな文章論など、ことばの広がりを考えさせてくれる本を取り揃えております。 この棚から一冊、ウリポ文学の傑作『文体練習』(レーモン・クノー著 朝比奈弘治訳 / 朝…

素湯のような人を想像してみる

先月より当店入口奥の壁面でパネル展開している『素湯(さゆ)のような話』(ちくま文庫/岩本素白著 早川茉莉編)。西淑さんのカバー絵がかわいらしいこの随筆選集を、毎日一、二篇ずつ、金平糖のつぶを溶かすように味わっています。 間違っても本読み、とは恥ず…

動きの見える絵から、動く絵へ

物心つく前からテレビや映画館でアニメーションに親しんできた私たちは、絵が動くということの驚きやおもしろさを改めて思うことが少ないようです。だからそのしくみを知るのはずっとあとのことで、知るとパラパラまんがでも遊ぶ楽しみがわかるようになりま…

大坪砂男の本、その他の本

ちかごろ、日本文学の棚で少し異彩を放っているシリーズがこちら。創元推理文庫の大坪砂男全集です。山田風太郎や高木彬光らとならんで乱歩から「戦後派五人男」と呼ばれた、戦後推理小説界の異才・大坪砂男の全貌に触れられる貴重な文庫版全集です。戦後す…